ナツエのあれこれと暇つぶし

暇つぶし日記です。

アスカ鍼灸治療院 院長 福辻鋭記 福辻式 高血圧 最新の成果 感想

アスカ鍼灸治療院 院長 福辻鋭記さんの
「福辻式 高血圧」、

通常、
高血圧の対策としては
「塩分を減らす」
「適度な運動をする」
とされています。

しかし
それでも血圧が下がらない方が大勢いるのです。

私は悩みました。

これまでの施術経験、
東洋医学の知識、
東洋医学の本場中国に研究に行った時に学んだ技術、
それらを総動員し
「高血圧の根本的な原因究明」

「高血圧を自分で下げる方法」
の開発を続けました。

何度か患者様にお願いをして、
効果があるか実験をさせて頂くこともありました。

そして、
ようやく
「高血圧の原因はこれではないか・・」
という仮説のもと、
「高血圧を下げるエクササイズ」
の開発に成功したのです。っていわれているけど
本当のことなのかな?

2chをチェックしても、
実際に購入したとか試したとか、リアルな意見はないよね。

買ってみるのは危険かなぁ。

購入者の感想・レビュー

高血圧の症状の殆どは現代の医学をもってしても
「原因不明」
であるという事実をご存じでしょうか。

二次性高血圧は発症原因がはっきりしている高血圧で、
病気や薬の副作用によって起きる高血圧症です。
〜中略〜
本態性高血圧は現在の進んだ医学をもってしても発症の原因が特定できない高血圧症です。

そして高血圧症と診断された人のうち、
本態性高血圧と二次性高血圧の比率は9対1。

つまり約90%の高血圧症はまだ原因不明なのです。

(東京女子医大 東医療センター内科勤務 早稲田大学客員教授 渡辺尚彦 著
「血圧をグングン下げる200%の基本ワザ」より引用

さらに、
病院で処方される、
いわゆる「血圧降下剤」「降圧剤」ですが、
なんとそれについても何故、
降圧剤が血圧を下げるのかわかっていないというのです。

いまひじょうによく使われているカルシウム拮抗薬やベータ遮断薬は、
もともとは狭心症や心筋梗塞などの予防と治療の目的で使われていたものである。
そのうちに血圧が下がることがわかってきて、
降圧薬として役に立つということになり、
全世界で使われるようになった。

〜中略〜
本当のところ、
これらの降圧薬がどういうしくみで血圧を下げるかというしくみの詳細は、
いまだにわからないことがいくつもある。

それは、
なぜ高血圧がおこるのかのしくみが十分明かされていないことにも関連しているし、
血圧を上げるしくみが単純でないことにもよるであろう。

(国立循環器病センター名誉総長 医学博士 尾前照雄 著「血圧の話し」より引用)

なるほどね〜
ちゃんと実践すれば、私でも成果を得られそう。